オール電化に最も最適な料金プランは?

オール電化に切り替えたら
まず見直したいのが電気料金プラン。

 

電気料金が時間帯によって
変わりますので、

 

電気をたくさん使用する時間帯に
安い料金で済むプランに合わせるのが
セオリーですが、

 

電気代が高くなっている家庭ほど
時間帯に対する意識が低く

 

わざわざ料金が高い時間帯に使っている
家庭が見受けられます。

 

電気をオール電化に切り替えて、
切り替え前より

 

高くなっているご家庭は
料金プランの最適化をしてみましょう。

 

電気料金プラン

オール電化に最適なプランは2つあります。※下表は東京電力より抜粋

 

スマートライフプラン

午前1時から午前6時までの夜間が
もっとも割安(17.46円)設定となっています。

 

逆に午前6時から午前0時までの
昼間が割高(25.33円)設定となっています。

 

 

スマートライフプランに
向いているご家庭は、

 

エコキュートや電気温水器
などを使用している場合。

 

エコキュートや電気温水器は
一般的な給湯と違って、
沸かして貯めておくことができます。

 

最も安い夜間にエコキュートに
働いてもらえば

 

電気料金は随分安く済ませる
ことができます。

 

エコキュートの電気消費量は
季節によりバラつきはありあますが

 

だいたい1,000W〜1500Wも消費
するので電気代はハンパないですね・・・

 

夜間に電気を使う家庭なら◎
昼間在宅していることが多いならX

 

 

 

夜トクプラン8

夜の11時〜朝7時までの料金が安くなるプランです。

 

 

表からも分かる通り、
夜トク8を選んだ場合は、

 

夜の11時〜朝7時まで(8時間)
が安くなりますが

 

夜中が割安になるので、夜型人間
でないとこのプランには不向きと言えます。

 

独身で家事を行うのが夜多いなら◎
家族がいると想像以上に電気料金×

 

 

 

夜トクプラン12

夜の9時〜朝の9時(12時間)
までが安くなるプランです。

 

 

夜の割安時間は12時間と長めですが、
ほかのプランより若干高いです。

 

夜間料金の時間帯が朝9時までなので
朝少しゆっくりして家を出る場合に向いています。

 

夜に家の事を全て行うなら◎
日中在宅している家庭は不向き×

 

<プランまとめ>

料金プラン 昼間時間 電気料金 夜間時間 電気料金
スマートライフ 朝6時〜夜中1時(19時間) 17.46円 夜中1時〜朝6時(5時間) 25.33円
夜トク8 朝7時〜夜11時(16時間) 20.78円 夜11時〜朝7時(8時間) 32.14円
夜トク12 朝9時〜夜9時(12時間) 22.55円 夜9時〜朝9時(12時間) 33.76円

料金だけを見ると一番安いプランは
「スマートライフ」ですが、

 

割安の時間帯が5時間と
非常に短くなっております。

 

夜トクについては、それほど割安感はないですが平均的な料金です。

 

プランの決定は生活スタイルによります。
いずれにしても、どれが一番おトクなのかは
決めかねます。

 

全ては生活スタイルありきのプランです。

 

 

△トップページに戻る