電気代を払うなら・・・

やはりオール電化の電気代は高かった

オール電化に切り替えた途端に毎月の光熱費がグッと上がってしまう家庭があります。当サイトをご覧になっているあなたも電気代がグッと上がってしまい、どうにかして電気代を抑えたいと思っているはずです。でも実は、あなただけが電気代の高さに困っている訳ではありません。全国平均で見てもオール電化住宅は高い電気料金が発生しているという興味深いデータが統計局(全国消費実態調査)から出ていました。

 

 

全国消費実態調査とは?

国民生活の実態について,家計の収支及び貯蓄・負債,耐久消費財,住宅・宅地などの家計資産を総合的に調査し,全国及び地域別の世帯の消費・所得・資産に係る水準,構造,分布などを明らかにすることを目的とした調査である。
 この種の調査としては毎月実施されている家計調査があるが,その主な目的が全国平均の家計収支の時系列の動きを明らかにすることにあるため,調査規模が約9,000世帯と小さく,詳細な構造分析を行うことができない。

 

 そこで,今回の全国消費実態調査では,家計調査からは得られない詳細な結果を得るために標本数を約57,000世帯(うち単身世帯約4,400世帯)とし,年間収入階級別,世帯主の年齢階級別などの各種世帯属性別あるいは地方別,都道府県別などの地域別に家計の実態を種々の角度から分析する。

 

 全国消費実態調査は,昭和34年の第1回調査以来5年ごとに実施されており,平成21年全国消費実態調査はその11回目に当たる。

 

グラフを見ると一目瞭然で、左図矢印で示した部分がオール電化住宅の電気代だと思われ10,000円を超えている。(太陽熱温水器も含まれていると判断できるので本来はもっと電気代が上がるはず)一方、右図赤枠は一般家庭で9,958円。

 

 

統計局のデータは信頼性がありますので、ほぼ間違いない数値と言えるでしょう。やはりオール電化住宅は、一般家庭に比べ高い電気代を支払うことになっています。さらに25年5月からは全国各地で電気代を上げているのもさらに痛手です・・

 

支払う電気代を長いスパンで考えてみる

オール電化の電気料は高いということが分かりました。それではいったいこれから先どれくらいの電気料金を払っていくのでしょうか・・・
単純計算ですが試算してみましょう。

 

光熱費→ 10,000円 12,000円 14,000円 15,000円 18,000円 20,000円
1年目 120,000 144,000 168,000 180,000 216,000 240,000
3年目 360,000 432,000 504,000 540,000 648,000 720,000
5年目 600,000 720,000 840,000 900,000 1,080,000 1,200,000
10年目 960,000 1,440,000 1,680,000 1,800,000 2,160,000 2,400,000
15年目 1,800,000 2,160,000 2,520,000 2,700,000 3,240,000 3,600,000
20年目 2,400,000 2,880,000 3,360,000 3,600,000 4,320,000 4,800,000
25年目 3,000,000 3,600,000 4,200,000 4,500,000 5,400,000 6,000,000

 

今まで長期的な計算をしたことがありますか?表を見ると分かる通り、電気代ってすごい金額になりますね・・・
最低の光熱費1万円で見ても、25年間払い続けると300万円もの支出があります。しかもお金は出て行くだけで何も手元には残らない・・・
いくら生活に必要不可欠なものだからといえ、これほどまでの大金をドブに捨てなければならないのは憤りを感じます。

 

お金をドブに捨てる

どうせ電気代を払い続けるなら・・・

太陽光発電

月々に支払う金額は大したことないかもしれませんが、長期的に考えると電気代はバカにできないことが分かります。もしかしたら原発事故が起きてから、電力会社の姑息さが公になったので電気代を払いたくないという人もいるかもしれません。しかし、実際には電気がないと生活できませんのでそこは諦めるしかないけれど・・・

 

 

電気代は払い続けても何も残らない・・・

 

 

これって掛け捨て保険よりもタチが悪いです。それならいっその事、太陽光発電を資産として残しておくことが賢明ではないでしょうか!?
太陽光発電は立派な資産になり、太陽光発電が設置されていることによって住宅の価値も高まります。(固定資産評価対象にもなっている)

 

 

とはいっても太陽光発電は昔に比べて安くなったとはいえ、百万単位の費用が掛かるので高い買い物となります。
先ほどの表を見ながら考えてみてください・・・形として残すか?それとも大金をドブに捨て続けるのか?答えは・・・?

 

 

オール電化から太陽光を設置する方が頻繁に利用されている見積サイト

 

もし太陽光発電を設置するなら安いに越したことはありません。ここだけの話、工務店や家電量販店で依頼するよりネットを利用する方がウン十万円安く済むのはよくあります。その原因は中間マージンが発生しないからです。
タイナビ パネイル 太陽光発電一括見積り.com

 

タイナビ

 

 

ネット利用者が最も多い
とにかく価格は安く、そしてしっかりした業者を探したい方にオススメ!

 

「タイナビ」の詳細を見る

 

パネイル 

 

プレゼント目当てで見積りもアリ!
正規優良業者のみを紹介してくれる。さらにプレゼントは貰わないと損!

 

「パネイル」の詳細を見る

 

 

 

 
間違いない見積サイト
昔からある老舗見積りサイト。信頼性は申し分なし。最近はサイト更新がマメではない

 

「太陽光発電一括見積り」の詳細を見る

 

 

 

△トップページに戻る