最近オール電化住宅が多くなりましたね。

 

オール電化にすると、ガス代は掛からないし、
全電化住宅割引という電気料金もあるので、

 

ガス代+電気代がかかる
一般的なお宅より得している感はありますが、

 

これって実はかなり損なんです。

 

というのは、オール電化の電気代について
ネットで検索していると、

 

オール電化に切り替えたけど
切替前に比べて変わらない、

 

むしろ上がったという意見が
かなり多く見られました。

 

切替前に比べて得している方は
一握りほどしかみられませんでした。

 

オール電化は得すると思っていただけに
正直驚きました!

 

 

当サイトをご覧になっている
あなたもきっと切替前より光熱費が高くて
悩んでいることだと思います。

 

オール電化って得するはずなのに
ナゼ高くなるのでしょうか・・・不思議です。

 

でも掘り下げてみると
それなりの原因がありました!

 

次から解説していきます。

 

オール電化の電気代が高くなっている要因

そもそも、オール電化の電気代が高いと
悲鳴を上げている方の多くは、

 

切替え前と同じ電気の使い方をしている

 

可能性が大です。

 

高くなる要因は電気を使用する時間帯
切替前は電気使用量は一律なので遠慮なく使っていたと思いますが、オール電化にすると時間帯が関わってきますからそういうわけにはいきません。計画的に使用しなければ、電気代は100%高くなります。

 


 

ほとんどの場合、
オール電化にすると深夜料金が安い「お得ナイト」(11.94円)
「電化上手」(11.82円)のプランに移行します。

 

このプランにする理由は、
エコキュートの湯沸しを電気代が安い
夜中に行うように設定して得をするパターンです。

 

確かにエコキュートの場合はそれでよいかもしれません。

 

では、オール電化の主要機器に位置する
IHクッキングヒーターを使う場合はどうでしょうか?

 

電気代が安い夜中に料理ってするのでしょうか。
たまにはあるかもしれないけれどほとんどありません。

 

つまり朝昼晩と一番高い電気代の時間帯に
使うことがほとんどです。

 

これが深夜料金が安いプランに
移行して損をするパターンです。

 

でも、ここは避けられないので
目をつぶるしかありません。

 

概算ですが・・・
おトクなナイトプラン昼間料金23.15円で計算すると、IHクッキングヒーター3口(5.4kw)60分使用で125円。125円分のガスを使用するには、なんとコーヒー約700杯分のお湯を沸かせることができます。

 

 

IHヒーター

電気代の高い時間帯に消費電力の高い
IHを使わざるを得ない・・・

 

これではエコキュートが安くても意味がありません。
これがオール電化の電気代が高くなってしまう一番の要因です。

 

IHを電気代の安い時間帯に全く使わなくすれば
オール電化はお得と断言できますが・・・

オール電化を今より少しでも安くする3つのチェックポイント

電気を使う時間帯を考えよう

タイマー設定ができる機器を夜間の安い時間帯に設定しておくことが重要です。「エコキュートや電気温水器の給湯」「食器洗乾燥機」「洗濯機」自動でやらせておいて問題のない機器は夜間に済ませておくのが賢いですよ。

 

 

太陽光発電の導入を検討してみよう

オール電化なら太陽光発電は非常にお得です。導入費用は痛手を負いますが、最近は売電価格は下がってしまっていますが、その分太陽光パネルの相場も安くなって、しかも年々発電効率も飛躍的に上がっています。元を取る期間は10年あれば十分可能になっています。オール電化で神経質な一生を過ごすくらいなら思い切って設置した方が気が楽になります。

 

 

電気料金プランを見直してみよう

電気の使用を把握して今一度プランを見直してみます。オール電化にした当初はなんの考えもなしにプランを決めませんでしたか?実際数ヶ月過ごしてみると色々なことが見えてきます。意外にもっとお得なプランがあるのにそのまま損しているケースも多々あるんです!見直すことで電気料金を安く出来る可能性があります。

 

 

オール電化の効率化を図るなら

ソーラーパネル

少しでも電気料を安くする
3つのチェックポイントをお伝えしましたが、

 

毎月の電気料金明細に顕著に現れるのは、やはり
太陽光発電を導入することです。

 

最近の太陽光発電は安くなっていますが、
100万円単位の費用がかかるので高い買い物です。

 

でも、考えてみてください。
十数年先を考えてみるとどこかで必ず損益分岐点がやってきて
電気代がプラスに転じる現象が起こり始めます。

 

このままオール電化一本でいくのか?
それとも太陽光発電を併用していくか?

 

あなたならどちらにしますか・・・?

 

これまでに、オール電化で損した電気料金
そして太陽光発電の導入費用の元を取るために

 

出来るだけ設置費用等の出て行くお金を抑えたいのは
言うまでもありません。

 

対策としては市町村からのも補助金です。
以前は国から補助金を受けられましたが、
現在はありません。

 

しかし、まだ補助金が受けられる自治体はあります。
もし、設置を視野にいれる場合は確認してみましょう。

 

また、設置費用は特に決まりがないので
業者によって差があります。

 

相見積りで比較して業者を決めれば
後悔しません。

 

これを行わず、設置して後悔している方が
かなり多いので、必ず相見積りは行うべきでしょう。

 

<相見積りで後悔しないためのポイント>
優良企業との相見積りで比較できること
最低4社に相見積りをとること
見積り内容が不明瞭ではないこと

 

→3つのポイントの詳しい説明はこちら